今月のひとり言 (@^^)/~~~、今回も、早めに更新しました。‼

 緊急事態宣言も解除された。外出もやっと出来る。早速、東京への出張スケジュールも組み込み新幹線の混み具合もチェックしてくる。これにより世間の対応状況も分かると言うものだ。

 岸田自民党総裁が誕生し早々に組閣人事に入っているが、派閥の力学や、政治は変わるのだろうか?岸田文雄の特徴は、「人の話をよく聞く」そううだが大切なことではあるが、TPS流に言えば実行が重要だ。新政権が発足するのだから期待してみよう。

 台風一過の今日は、日中真夏日の30℃予想だが風があり過ごしやすい。季節はもう秋だ、心もの悲しさにふと思いついた言葉がある。「頑張り過ぎない、諦めない、継続する」何事も続けているだけで見えてくるものもあるんです。続けた人にしか見えない世界があるんです。改善活動も・・・同じだな~( ^ω^)・・・。

 そろそろ一筆啓上仕る。

                  改善入門  其の9

 人には、いろんな考え方はある。 ここでの解釈は、もちろんトヨタ生産方式(TPS)である。従って改善にまつわる話でである。トヨタ流のうがった解釈かも知れない。   また機会があれば、ご自身の話として活用されたし。

 ⑨ 王を望む蛙   宿題

 蛙たちが、ある池でなに不自由なく幸福に暮らしていました。

この環境に物足りなくなった蛙たちは相談して、王を奉って規則を作るべきと考え、神さまにお願いに行くことになりました。「全能の神さま、我々を支配する王を、おつかわしになり、我々に秩序をもたらしてください。」

 神さまは、彼らの不満を笑い、池に大きな丸太を投げ込みました。その大きな水音に蛙たちは驚き、暫くの間はおとなしくしていましたが、いつまで経っても王さまは動き出しません。触っても上に乗っても動き出しません。そのうち蛙たちは、王を無視して勝手に暮らすようになりました( ^ω^)・・・。やはりこれには満足できません。そこでもう一度、神さまにお願いに行きました。「神さま、わたしたちは本当の王が欲しいのです。本当にわたしたちを統治してくれる王をお遣わし下さい。」

 神さまは怒って今度は大きなコウノトリを送りました。蛙たちが喜んだのも束の間、忽ちコウノトリは、喉を鳴らして蛙を食べてしまいましたとさ。・・・・・・(´;ω;`)ウゥゥ・。

 現在よくある風景に置き換えてみました。

 特にこれといった問題点を感じていない現場で改善活動をしようということになりました。そこで改善の大先生にお願いに行きました。

 「先生、どうか改善のできる職場にして下さい」先生は、彼らの要望を笑って生産管理板や進捗管理板を据え付けました。はじめは喜んで、生産管理板や進捗管理板を記入していましたが、いつまでたっても改善が進みません。そのうち管理板を無視して勝手に動くようになりました。

 やはりこれには満足できません。そこでもう一度、大先生にお願いに行きました。「わたしたちは本当に指導のできる人が欲しいのです。どうか強い指導者をよこして下さい。」

 今度は、先生は怒って自ら乗り込んできました。皆が喜んだのも束の間、忽ち先生は、主だったものをクビにしてしまいましたとさ。

 特に解説は付けません。皆で考えて下さい。( ^ω^)・・・。

    では来月を、お楽しみに。 

    考えるのも大変なんです、早めに仕上げますね。 (@^^)/~~~ 。

鋭い切り口で貴方の抱えている問題を一刀両断!!

http://www.n-daybyday.com/index.html  株式会社DAY BY DAY Copyright ©DAY BY DAY All Rights Reserved.